新しい年を迎えました

~東北の人々、20代、30代から学ぶ感動~


かむろ真鶴寒中お見舞い申し上げます。
まだまだ震災復興からは程遠い逆境につぐ逆境を乗越える東北の人々。そこから、感動を呼ぶ行動力と発想、チームワークの力強さで奇跡が起きています。
世間は就職難、経済の不透明感、そして少子化、高齢化社会という様々な問題が社会を覆い気持ちも重くなりがちですが、20代、30代の若者が新しい価値観を生み出し、不安をバネに挑戦する姿があちこちに光を放ち、私たちに希望の輝きを感じさせてくれます。
感動は身近にもあります。当スタジオの初稽古では、一生懸命稽古に励む生徒の顔が上気し、窓は熱気で曇り、子どもたちの背中には汗が光っている・・・。とても幸せな時間です。
「一寸先は闇といいますが、一寸先は光かもしれない。喜怒哀楽は繰り返す。あんまりあっさり絶望してあきらめないでください。希望を捨ててしまって、せっかちに絶望するのは、もったいない。」これは『アンパンマン』の作者やなせたかしの言葉です。今こそ、やなせたかしは、大人もこどもも知らない人がないほど有名で90代を迎えて現役です。でも、70歳の頃まで決して恵まれてはいなかったといいます。70代を迎えて世に知れるようになり、90代になって漸く仕事の上での幸せというものを得ることが出来たというのです。「ですから皆さん、長生きをしてください。」と言っています。
スタジオは12月8日、32歳になりました。昔は100年を経て老舗ですが、現在は30年の継続は珍しく老舗の領域に入るようです。さすがに、時代の流れが速すぎるためでしょう。それでも、こんなに長く生きて来られたということは、皆様に喜んで頂けた結果であると素直に喜んでいます。
そこで、今年はこれまでの経験学と知恵で時代が求める声に耳を傾け、皆様と共に元気で希望に向かう気持ちで踏み出します。今年のテーマは「人間力+和の力を発揮する年」としました。親、娘、孫のような年齢差で構成された当スタジオのスタッフたちには「越後人特有の温かさと粘り強さ」があります。新と旧の総力で皆様に喜んで頂ける発想と行動力でこの一年間、励みたいと思います。
この1年を是非いい年にしましょう!!
JFB+H代表 かむろ真鶴
TOPICS一覧へ戻る
JFB+Hとは スタッフ紹介 フォトギャラリー JFBのあゆみ 体験希望の方はこちら
当スタジオの掲げる「JFB+H」のコンセプトをご紹介 長年の指導経験・実績を持つスタッフ、招聘指導者やゲスト 舞台公演・イベントの写真をご紹介 ダンス専門教室として始まった当スタジオの30年のあゆみ 体験レッスンを受けたい方へのご案内はこちら

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2011 STUDIO JFB+H かむろ真鶴.CO., LTD. All Rights Reserved.