ダンスカーニバル突撃事前レポート

ダンスカーニバル開催まであと2週間…練習に突撃レポートしました!!

 9月25日(日)に長岡市立劇場大ホールで開催されるダンスカーニバルまで、あと2週間を切りました!
 練習に練習を重ねて実力のすべてを発揮する、背筋がピンと伸びる発表会とは一味違った、まるでお祭りのようなダンスカーニバル。
 参加する皆さんには、2分間という制限以外ありません。好きなグループで好きな踊りを踊ることができます。
 発表会で自分たちが踊った踊りを少しアレンジして楽しんだり、年上の先輩たちが踊った踊りにチャレンジしたりと、「自ら発信・創る喜び踊る楽しさ」のキャッチフレーズの通り、自ら発信して、創ること・踊ることを純粋に楽しむのが、ダンスカーニバルの特徴です!
 他にも、ソロの踊りにチャレンジする人や、流行のアイドルの踊りを披露する人もいます。色々な踊りが楽しめる、まさにカーニバルです!
 今年は、70チーム・350人以上の参加が決まっています。

 さて、今回は長岡ハートフルホールスタジオの初等科さん・予科Bさんが皆そろって、7月の発表会で踊ったミニグランドバレエ「不思議の国のアリス」にチャレンジするということで、練習にお邪魔しました。
 そもそもミニグランドバレエ「不思議の国のアリス」は、7月の発表会のためにオリジナルで製作した、ストーリー仕立てのオリジナルバレエです。幼児科さんから高校生のお姉さんまでが参加、おなじみのアリス、チシャ猫、時計うさぎなどなど、かわいいキャラクターたちが出演し、トランプやお花の精がにぎやかに舞台を盛り上げる、とてもかわいらしいグランドバレエでした。
 その一場面を、今回のダンスカーニバルでは、長岡ハートフルホールスタジオの初等科さんだけでチャレンジすることにしたそうです。

ダンスカーニバル事前レポート
高校生のお姉さん達の振り付けはちょっと難しいので、自分達でできるアレンジを考え中。


ダンスカーニバル事前レポート
先生にチェックしてもらいながら、鏡の前でポーズ! 決まってますね!


ダンスカーニバル事前レポート
「不思議の国のアリス」を演じるからには、お芝居も大切!


ダンスカーニバル事前レポート
にっこりキメのポーズ! とっても素敵な笑顔です!


 発表会の練習の雰囲気とはちょっと違う、話し声や笑い声の多い、とても楽しい練習風景でした。
 振付が決まっている発表会と違って、表現するということを考える、一味違った楽しさがあるようです。

 自分達でアレンジしたアリスを踊るまであと2週間。
 楽しみながら、頑張ってくださいね!!

■ダンスカーニバル概要
 1999年から、毎年秋に開催。今年で13回目。
 キャッチフレーズは「自ら発信・創る喜び踊る楽しさ」
 今年は9月25日、長岡市立劇場大ホールで開催。
 バレエ・ジャズ・フラはもちろん、どのようなジャンルのダンスで参加することも可。また、ソロ、グループと何人で踊っても構わない。

 ご意見などございましたら、是非お聞かせください。
 info@jfb-kamuro.com




JFB+Hとは スタッフ紹介 フォトギャラリー JFBのあゆみ 体験希望の方はこちら
当スタジオの掲げる「JFB+H」のコンセプトをご紹介 長年の指導経験・実績を持つスタッフ、招聘指導者やゲスト 舞台公演・イベントの写真をご紹介 ダンス専門教室として始まった当スタジオの30年のあゆみ 体験レッスンを受けたい方へのご案内はこちら

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2011 STUDIO JFB+H かむろ真鶴.CO., LTD. All Rights Reserved.