MURA先生ストリートダンスワークショップ


MURA先生ストリートダンスワークショップ

 幼少のころからバレエ畑で育ってきた一人の先生がいました。バレエだけでなく、様々なダンス、とりわけ最近ストリートダンスに興味を持ち始めたけれど、どんな先生について学んだらいいのかわからずに悩んでいました。
 ここのところメキメキと力をつけてきた、ジャズ科の男の子が二人いました。バレエを初めて世界がぐんと広がり、よりダンスに魅力を感じて新しいことをもっともっと学びたいと願っていました。

 そんな状況を見て、「スタジオに新しい風を吹かせたい」と強く願っていたかむろ先生が、人づてに偶然知り合ったのがMURA先生でした。
 MURA先生は、世界各国でダンスを学びながら、ZERO DANCE CONTEST(2004)優勝、DANCE FLASH(2004)優勝と、ダンスコンテストで素晴らしいパフォーマンスを残しています。そして香港などでダンスの指導の経験もあり、その生徒さんは全日本学生チャンピオン(BIG BANG 優勝)、POPING世界大会優勝(B-boy Summit 2006)香港ダンスコンテストチャンピオン(The one 2006)等輝かしい成績を残しています。
 しかも、MURA先生は早稲田大学理工学部で物理を学びながら、ストリートダンスを学び、大学院に通いながら渡米してダンスを会得しました。
 かむろ先生の願いは、ダンスを通して人の成長を促すこと。最近、ダンスができれば勉強はしなくていい、という風潮があることを危惧していましたが、ダンスと学業を両立させたMURA先生の人柄もかむろ先生の背中を押しました。
 かむろ先生がMURA先生の話を初めて耳にしてから一ヶ月後の2011年8月20日、長岡センタースタジオでMURA先生のストリートダンスワークショップが開催されました。実に、本格的に話が動き出してからたった一週間後のことでしたが、チャンスを先延ばしにしないほうがいいと考えての決断でした。

 MURA先生をお招きしての初めてのワークショップでしたので、ジャズ科の皆さんには、中学三年生以上のジャズアカデミー生・予科の方に声をかけました。また、バレエ科の皆さんには、普段と全く違う動きを経験することにより、踊りの幅が広がるのではないかと考え、同じく中学三年生以上のバレエアカデミー生の方に声をかけることになりました。
 参加費は2,100円で、2時間のレッスンです。
 ワークショップ開催前日の19日、一週間前に突然告知をしたにもかかわらず、30名の参加が決定し、スタッフ一同驚いていましたが、結局当日20日になって、なんと最終参加人数が40名になりました!
 中には、夏休みで東京から帰ってきた前アカデミー生の飛び入り参加もありました。
 20名ほどの参加になるのではないかとお伝えしていたMURA先生も、倍の人数であることに驚き、またその活気を喜んでくれました。

MURA先生ストリートダンスワークショップ

 レッスンは、まず音楽に合わせたアップからスタート。
 さすがジャズ科の生徒さんは軽快なステップ。キレのある動きでついていきます。
 バレエ科の生徒さんもダンスの種類は違えど普段から体を動かしていますので、キレイな動きです。でも、だんだんと動きが難しくなってくると、苦笑いな場面も。
 MURA先生は「easy、easy(カンタンだよ)!」と声をかけますが、ステップはより難しくなり、足のつま先とかかとを交互に上げるような動きにターンがつくと、ちょっと難易度が高いそうです。
 それでも、アップからストレッチになると、さすが皆さん、特にバレエ科の生徒さんは柔らかいですね。後から聞いたのですが、このストレッチにはチベットの体術の動きも入っていたそうです。
 汗びっしょりになったMURA先生がシャツを着替えたところで後半戦がスタート。音楽に合わせて振りを少しずつ付け足していき、小品を作っていきます。最初は振りを覚えるので手いっぱいでも、皆さんどんどん吸収していき(それだけでもスゴイのですが…)、回数を行うたびにカッコよくなっていくのは感動モノでした。
 最後にMURA先生がみんなの輪の中で踊ってくださり、アンコールの大合唱。
 レッスンが終わった後には、熱気冷めやらぬ中で生徒さんたちが帰りがたいのか、MURA先生を囲んで残り、時間を押しての質問タイムになりました。MURA先生は、からだの使い方や重心の持っていき方などを説明してくれました。

 ワークショップは大成功。MURA先生、本当にありがとうございました。そして参加してくださった皆さん、お疲れさまでした!

 《MURA先生からのメッセージ》
 新幹線から長岡が近くなり、窓の外から長岡の自然の風景を眺めておりましたら、なぜか、「必ずいいクラスになるのでは」という予感がしました。
 はじめは少し恥ずかしがっていたような生徒からも、レッスンを進めていくにつれて、「踊りが好きなんだなー」というのが生徒一人一人からとてもよく伝わってきました。
 人数が多かったので、フロアでのストレッチの時間を少し減らしました。次回は工夫して、十分なウォーミングアップをしたいと思っています。また、今回は、数年前から主流のR&Bスタイルのダンスの振り付けをしました。
 皆さん大変吸収力があり、次の機会が大変楽しみです。たくさんの笑顔が見れ、たくさんの可能性を感じたクラスでした。大変楽しい時間を共有できました。ありがとうございました。

 スタジオJFB+Hかむろ真鶴では、このようなワークショップを定期的に開いていくことを計画しています。
 新しいこと、楽しいこと、世界を広げてくれるきっかけになること、そんなイベントを皆さんにお届けすることができればと考えています。

 ご意見などございましたら、是非お聞かせください。
 info@jfb-kamuro.com



■MURA先生プロフィール
 本名、村松直浩。
 早稲田大学理工学部に通いながら、様々なジャンルのストリートダンスを学び、2001年に渡米。Poppin Pete、Jazzy Jから直々にダンスを学ぶ。L.AにてTVやPVなど精力的に活動する。後、大学院を卒業。
 ZERO DANCE CONTEST(2004)優勝、DANCE FLASH(2004)優勝と、ダンスコンテストでも素晴らしいパフォーマンスを残す。
 Poppingの教えのうまさには定評があり、生徒は全日本学生チャンピオン(BIG BANG 優勝)、POPING世界大会優勝(B-boy Summit 2006)香港ダンスコンテストチャンピオン(The one 2006)等輝かしい成績を残す。
 2006年5月から香港を中心に、世界各国各都市にてダンサー、振付、海外ダンスゲスト講師、アーティストダンス指導、ダンス講師の育成、発表会の運営も行なう。


JFB+Hとは スタッフ紹介 フォトギャラリー JFBのあゆみ 体験希望の方はこちら
当スタジオの掲げる「JFB+H」のコンセプトをご紹介 長年の指導経験・実績を持つスタッフ、招聘指導者やゲスト 舞台公演・イベントの写真をご紹介 ダンス専門教室として始まった当スタジオの30年のあゆみ 体験レッスンを受けたい方へのご案内はこちら

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2011 STUDIO JFB+H かむろ真鶴.CO., LTD. All Rights Reserved.